三菱 キャンター タイロッドブーツ交換

s_RIMG7307.jpg

車検の時に指摘されたタイロットブーツの破れですが、昨日部品が届きましたので交換作業しました。

ホイールを外す必要があるので、ジャッキアップ作業です。


以前、私の車の「ダイハツ ミラ」で同じ部品を交換した事はあるのですが、トラックは初めてです。



s_RIMG7306.jpg

トラックの左ホイールですので、逆ネジです。
これは要注意。





s_RIMG7308.jpg

ホイールを外したついでで、ブレーキパッド残量も確認。
まだまだ使えるようです。

そして問題のタイロッドを取り外してみます。


s_RIMG7310.jpg
画像でもよく見るとヒビ割れがあります。↑

タイロッドやブーツを外すのが結構大変。




s_RIMG7311.jpg

割りピンを外し、ナットを取り外しました。

これで外れるはずですが、なかなか取り外せません。

この取り外しで使用する専用工具もあるようですが、私はもっていないので力ずくで取り外します。

s_RIMG7316.jpg

適当なナットをボルトに噛ませて、ハンマーで叩きまくり。
元々ついているナットは、割りピン用の溝があるので、叩く時に使用しない方が良いと思います。

固着しているのか、ハンマーで叩いてもびくともしません。


諦めかけた時、ついに外れてくれました。
ハンマーでしつこく叩きまくって、ようやくです。


s_RIMG7317.jpg


s_RIMG7318.jpg

ようやく外れてくれました。


古いブーツを取り外します。

s_RIMG7319.jpg

内部はグリスまみれになっていました。

ブーツはヒビが酷く、穴も空いていました。
車検で指摘されるまでは気付きませんでした。



s_RIMG7320.jpg

新品のブーツ。純正品です。
お値段799円でした。




s_RIMG7321.jpg

ブーツを組む前にグリスアップしておきます。
今回は、安値なリチウムグリスを入れました。

モリブデングリスを使っても大丈夫なのかな?
グリスは使用用途によって使い分ける必要があります。

モリブデングリスは高負荷のかかる部分には非常に有効ですが、樹脂部品のある所には不向きです。
今回はゴム部品で保護されている箇所ですので、万能グリスなリチウムにしました。






s_RIMG7326.jpg

ブーツ交換後、取り外した逆順で組んで行きます。

ボルトが取り外す際に、ハンマーで叩きすぎたのかネジ山が潰れてしまいましたが、シャフトを取り外し近所の「光南車両」さんに持っていきネジを直してもらいました。
ネジ山潰れ防止でナットを噛ましていたのですが、叩きすぎたのかな?

これは反省点です。




s_RIMG7328.jpg


ホイールを取り付けて完成。

後は、光軸を調整してから車検に挑みます。

ディーゼルの排ガスは、エアクリーナーエレメントを念入りに清掃して、ワコーズ ヒューエル1とディーゼル1を添加しましたので、これで試してみます。







スポンサーサイト
プロフィール

ケイジ

Author:ケイジ
北海道の足寄町で、個人経営の小さい中古バイク屋「TRASH GARAGE」を細々と経営しています。

中古バイク販売や、中古バイク部品の販売、中古バイクの買取など行っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-