スズキ ワゴンR MC21S 

s_20180621_151122 (1)

スズキ ワゴンR MC21S型です。
あの名エンジン?のK6A型エンジンを搭載していて、ターボに四駆と贅沢使用。
しかもコラムオートマ。


お世話になっているバイク屋さんの繋がりで、この車両を格安で購入しました。

状態はとても良く、車検もあと一年も残っています。


何年か前に乗っていたCV21SのワゴンR以来のワゴンR。
また、この車に戻ってきました。
CV型とは違って色々進化していて驚き。

ミラと比べても車内が広くて快適です。

スポンサーサイト

パンク修理

s_20180601_055158.jpg

先日、愛車のダイハツ ミラの左リアタイヤがこんな状態に。

ちょっと前まで空気圧は普通に入っている状態だったのに。
どうやらパンクしてしまったようです。


農作業の合間で修理開始!


s_20180601_093412.jpg

取りあえずタイヤを外してみます。
バイクだったら、外さなくてもパンク診断ができますが、車は外さないと無理かと。

空気の抜け切ったタイヤに、空気を入れて、どこから空気抜けているのか水に付けて確かめてみます。



s_20180601_093726.jpg

「ありました!」

目視では分からなかったのですが、水に付けると泡がでるのでよくわかります。


よくみると、釘のような金属片がタイヤに刺さっていました。

どこで、こんなの拾ったかな?
早く発見できて良かったですが。



車のタイヤもチューブレスタイヤですので、チューブレスタイヤのバイクと同じ要領で修理開始。

s_20180601_102202.jpg

私の車のパンク修理は、これで今年に入ってこれで3度目です。

一度目はフロントタイヤに釘が刺さっていました。
バイク運搬トラックのリアタイヤも釘でパンク。

何でか、今年は自分の車のパンク修理が多いぞ。

敷地内ではネジ、ボルト、釘などを落とさないよう気を付けているのに。

キャンター ヘッドライトバルブ交換

s_20180331_161239.jpg

当店のバイク運搬車両として、大活躍中の三菱キャンターですが、元々付いていたヘッドライトバルブが社外品で夜間視認性に難がありました。

改造車にありがちな、やたらと白い光のバルブがロービーム側につけられていたのですが、これが夜間に見づらい事この上ない。
きっと、安物のホワイトビームのバルブだろうな。

ホームセンターなどで売ってる、ホワイトビームだかホワイト系のバルブが売っていますが、夜間に見づらいのはダメだろ。
純正バルブより夜間の視認性が良いならいいのですが、安い物だと、かえって視認性が悪くなる気がします。

今まで我慢して使っていましたが、今回、交換することにしました。


ライトバルブ交換には、フロントグリルなどを外す必要があります。
光軸調整も、フロントグリルを外して調整ができます。

フロントグリルを外せばヘッドライトの取りつけボルトに簡単にアクセスでき、比較的簡単にバルブ交換ができました。

ヘッドライトのバルブも色々ありますので、交換の際には、慎重に選ぶ必要がありますね。

三菱 キャンター オイル オイルフィルター交換。

s_20180308_134832.jpg

バイク運搬車両として活躍している、PG付トラック三菱 キャンターのオイル交換とオイルフィルター交換をしました。

今回は、普段トラクターで愛用しているホクレンオイルでは無く、地元のホームセンターで特売していたオイルを使用。
ワコーズのパワーシールドも使用しました。
今回は豪華に2本使用。
エンジンオイル量が6リットルぐらい入るので、使用量としては丁度いいのかな。

エンジンオイルが減る症状があるので、これで症状を緩和しています。


オイルフィルターは純正を用意しました。



s_20180308_140203.jpg


オイルフィルターの位置が微妙に交換しにくい位置です。

カバーみたいなのを外す必要があるし、車体の下に潜り込む必要がある位置です。

これは何とかならない物かな?



もう260000キロ以上の走行距離になっているエンジンですが、少しでも寿命が延びるよう、オイル管理をしていきたいですね。

軽トラ 「スバル サンバー」 ユーザー車検。

s_20180208_084200.jpg

本日、農業で大活躍している軽トラ「スバル サンバー」のユーザー車検に行ってきました。

この「スバル サンバー」4輪独立サスに軽自動車には珍しい4気筒エンジンでしかもRR。
まるでスポーツカー。

通称 「田舎のポルシェ」

軽トラに有りがちなエンジンの騒音もあまりなく、結構快適です。
エンジンが後ろにあるので、空荷状態でも大変安定して冬道走行もできるのが素晴らしい。

冬場に納車で峠越えなどが有る場合、これを使用する事もあります。



車検は、心配していた光軸などで落ちる事もなく無事終了。

リアのエンジンカバーが開かないトラブルもありましたが、持参した工具で何とかなりました。


車検費用は、合計で35000円ぐらい。

最低費用のユーザー車検でも十分高いよ。

バイクに比べると軽自動車でも維持費はとても高いですね。
これで修理個所などがあると部品代などもかかります。

車両の法定維持費の高さは何とかならないものかな?






プロフィール

ケイジ

Author:ケイジ
北海道の足寄町で、個人経営の小さい中古バイク屋「TRASH GARAGE」を細々と経営しています。

中古バイク販売や、中古バイク部品の販売、中古バイクの買取など行っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-