ヤマハ ドラッグスター400クラシック 車検



昨日、ドラッグスター400クラシックの車検をしてきました。
大柄な車体ですので、自走で帯広の車検場まで行ってみました。

仮ナンバーをビニールテープで無理やり固定して、出撃です。

なんで、バイク用仮ナンバーを廃止したんだろ?




s_20180605_085503.jpg

ドラッグスター400クラシックは、私が普通二輪免許を取得し、初めて買ったバイクです。
久々に乗ると、懐かしさと同時になんだか、今でも自分のバイクのような落ち着いた気分になります。

だけど、このドラッグスターに付いてる燃料計やステップボードは当時(99年~2000年ぐらい)のドラッグスターには無かったぞ。
イモビライザ―装備してたり、あの時代から進化してるんですね。


車検は、光軸検査で2回落ちて、3回目でギリギリ合格しました。

テールライトとウィンカー以外は殆どノーマルでしたので、あまり心配してなかったのですが、やはり光軸はネックになります。
光軸って、結構ずれるんですね。

私のバイクも毎回車検で光軸がネックになっています。
何故、あんなにずれるかな?
スポンサーサイト

カワサキ GPZ400R 公道試走。

s_20180527_164946.jpg

カワサキ GPZ400Rですが、売約になりました。
数ある中から当店を選んでいただき、誠にありがとうございます。

色々交換部品を取り換えて、本日、公道試走。

車検が残っていて、ナンバー付き車両ですので、この機会に乗りまわしてみます。


30年ぐらい前の車両ですが、走りは軽快。
ってか、結構早い!!

カタログスペックでは59psもあるみたいです。
規制前スペックですね。

ぱっと見ではとことん体育会系なバイクですが、ツアラーとしての装備が充実しています。
燃料計は便利です。

すごく足付きが良いのも好印象。
400にしては大柄な車体ですが、両足がべったりつきますし、ポジションにも余裕があります。


ただ、この年代のバイクにありがちな、アンチノーズダイブシステム機構はいらないような。
これ、整備がめんどくさくなりますし、乗っていてもこの機構のメリットに疑問に感じられます。
これは私個人の感想です。

昔のフロント16インチ車両にはよく付いていますね。

ホンダ PCX125 JF28 ドライブベルトとウェイトローラー交換

s_20180414_083520.jpg

PCX125が売約となったので、納車前の整備開始。

中古スクーターなら摩耗が気になる箇所の、ドライブベルトとウェイトローラーを純正新品に交換しました。

写真は交換前ですが、一見ではまだまだ使えそうな状態に見えます。

折角ここまで外したので、取りあえず点検と交換を。


s_20180414_083913.jpg

ウェイトローラーは編摩耗などは無かったのですが、結構削りカスが目立ちました。
ウェイトローラーは新品交換。

プーリーには摩耗や段ツキは無さそうですので、清掃後再利用です。



ベルトも一見まだまだ使えそうなコンディションでしたが、新品と比べると幅が少し削れていていました。
やはり、摩耗していく部品ですね。

純正新品に交換しました。



s_20180414_083513.jpg

PCX125 JF28の最終型ですが、ドライブベルトとウェイトローラーの純正品番は以下になります。

HONDA: 「23100-KWN-901」
ベルト,ドライブ

HONDA:「 22123-KWN-900」
ローラーセツト,ウエイト


ヤマハ ドラッグスタークラシック 社外マフラー取り外し。

s_20180328_140136.jpg

先日、入庫したドラッグスタークラシックですが、社外マフラーの為、音量が大きく「JMCA」対応マフラーでも無いようです。
これでは車検通らないと判断し、マフラーをノーマル戻しする事にしました。

ドラッグスターの純正マフラーは、音が物足りないといと感じる方も多いと思いますが、バイクや車のマフラーは静かにする方が大変な技術と手間とコストがかかるんだな。

純正マフラーの造形も、ショットガンタイプでカッコイイし。




s_20180404_104312.jpg

社外マフラーを外してみようとすると、リアシリンダーのエキゾーストのフランジのボルトが錆で固着している・・・。
ただでさえ工具が入りづらい箇所なのに。 
社外マフラーの造形のお陰で更に工具入りづらい。


こういった、マフラー系の固着には「ワコーズ ラスぺネ」が大活躍。

取り外しに苦労しそうなマフラー系のネジにこれを事前に吹き付けておくと、取り外しがしやすくなります


工具が入りづらいので、結局、普段のマフラー交換では外さないエキゾースト部分も取り外しました。

s_20180404_133052.jpg

車体から取り外せば、固着したボルトも簡単に取ることができました。

ここの六角ボルトは固着しやすく、それを無理に外そうとしてなめらせてしまう人も多いかと思うので、ドラッグスターのマフラー交換には要注意ポイント。

これさえ無ければ簡単にマフラーの脱着できるのに。



ドラッグスタークラシック インテークマニホールド新品交換。

s_20180402_125535.jpg

前に入庫した、ヤマハ ドラッグスタークラシックですが、お約束のインテークのひび割れがありました。
今回はこれを新品交換。

勿論純正新品です。

ビラーゴやドラッグスターシリーズの共通の弱点で、インテークのひび割れが弱点ですね。

経年劣化しやすい部品です。

実働車両で、そんなに重症でも無い感じしたが、中古車両として販売するには不安ですので、純正新品交換。


ドラッグスター用で、社外インテークマニホールドも出ているので、以前、試しに使ってみましたが、交換後、数か月でひび割れしました。
やはり、ヤマハ純正品が一番です。


s_20180402_125544.jpg

取りかえる前のインテークマニホールドはこんな感じ。
ひび割れています。

内部まで貫通していないので、調子は良かったのですが、これが進行して内部まで穴が開くと、二次エアを吸ってしまいます。
プロフィール

ケイジ

Author:ケイジ
北海道の足寄町で、個人経営の小さい中古バイク屋「TRASH GARAGE」を細々と経営しています。

中古バイク販売や、中古バイク部品の販売、中古バイクの買取など行っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-