バイク運搬用トラック 冬に向けてタイヤ交換。

s_20171016_134518.jpg

最近、朝や夜は氷点下の日も増えて、もう峠では降雪とのニュースもありました。
ビート堀取り作業の合間に、バイク運搬用トラックのキャンターのタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました。

ちょっと気が早いとも思いましたが、来月ぐらいに、このトラックで峠越えの予定もありますので早めに交換しておきます。

タイヤが6本もあるので、交換作業はちょっと大変です。
共同利用のトラクター車庫の設備を拝借しました。

これから半年間はスタッドレスタイヤです。
本当に北海道は冬が長い。

スポンサーサイト

ビート収穫作業開始!

s_20171014_150930.jpg

今年はちょっと早く、ビート収穫作業開始となりました。
今年は農作業が詰まっていて忙しい感じがします。

収穫作業の為、バイクの方は暫く休業致します。
何卒、ご了承お願いいたします。



s_20171014_094706.jpg

s_20171014_094657.jpg

昨年のビートは収量、天候ともに散々だったので、今年は良い収穫作業となれば良いのですが。



ビート収穫を行っている他の農業関係者様も、農作業事故等には気を付けて良い収穫作業を。

昨年のビートがまあ色々と酷かったので、今年こそ良い収穫がある事を心より願います。

ガソリンタンクの錆取り 花咲かG



お馴染のガソリンタンクの錆取りですが、当店では、今も「花咲かG」を愛用しています。

値段はちょっと高めですが、施行が比較的簡単なのと、繰り返し使用できるのが素晴らしい。


s_20170905_092310.jpg

施行手順ですが、まずガソリンタンク内部を中性洗剤(食器洗い用洗剤)などで洗います。
錆が酷い場合や、ガソリンの腐った固形物が酷い場合は、高圧洗車機や大き目のナットを入れて水洗いして、なるべく大きい錆や固形物を落とします。

ガソリンタンクの錆取りは、この前処理がとても大切です。

中性洗剤もたっぷり入れて、ガンガン洗います。



s_20170905_091752 (1)

洗った後に花咲かGさん投入!!

一本で20㍑ぐらいまでの希釈ができるので、殆どのバイクのタンクにこれ一本で対応できます。
薬剤を入れる時ですが、ちゃんとタンク天井まで薬剤を浸かれるようにします。

タンク天井まで浸かっているつもりでも、錆取り後に天井を覗くと錆が残っていたという場合が多いです。

説明書では酷い錆でも24時間と書いていますが、私は最低でも3日間ぐらい養生します。
天井の錆が気になるので、角度をかえてみたりしながら養生です。


タンクの錆取りが終了したら、錆取り剤をバケツなどに移します。
タンク内の除去された錆がでるので、それを取り除きながら水タンクに。

とても酷い錆を処理した場合で無ければ、2~3回ぐらいは繰り返し使用できます。

その後、また水洗い。
この後処理の水洗いで、かなり錆が出てくるので、ここは時間を掛けて水洗いをしましょう。
ガソリンタンクを水で洗える貴重な時です。

その後。、乾燥前にリンス処理。
また花咲かGさんの希釈液をタンクに入れてタンクをシェイク。
液剤をタンク内からだして、乾燥させます。

s_20170905_094014.jpg

安物のドライヤーで乾燥させます。
タンク内にかなり液が残っている場合とかは、水も吸い込める業務用掃除機なども使います。

ドライヤーでも乾燥に時間が掛かりますが、我慢が必要な工程です。

乾燥後はCRC556かダミアンオイルを吹き付け、使用前にガソリンですすげば良いかと。


この「花咲かG」は本当に使えます。
色々と安値の類似品も試してみた事がありますが、結局これが一番でした。

ワコーズのピカタンは試した事が無いので、これも今度試してみたい。

一人焼肉 「炉ばた焼器 炙屋」



以前も当ブログでアップした「イワタニ 炉ばた焼器 炙屋」で自宅内一人焼肉です。

家庭内でも炭火焼みたいな本格的な焼肉が出来ます。
ただ、写真のように、肉の脂が落ちて火力アップするので、火事には要注意。

あと煙もかなり出るので、換気扇必須です。

家庭内でも気軽にこのような本格的な焼肉ができるのが凄い。
屋外でやれば気軽にバーベキューもできそう。





s_20171009_174137.jpg

肉はアメリカ産牛肉のサイコロステーキ半額290円。
通常だと580円もするのか・・・。

輸入牛肉だからまだこの値段ですが、国産和牛だとべラボーに高い・・・・。

やはり牛肉は高いですね。









ホンダ CBR250RR MC22 入庫! ニダボ ダブルR

s_20171008_132818.jpg

今でも人気のある車両。ホンダ CBR250RR MC22 を入庫しました。
が、私の知っているダブルRと姿が変わっているような。

丸目2灯が印象的な車両だったはずなのに、今風のスポーツバイクみたいなカウルがついとる!!

s_20171008_132824.jpg

塗装や取り付けは板金屋さんでお願いしたらしく、結構しっかりと取り付けられています。

これ、ノーマルカウルに戻すかどうか迷う・・。

私個人的にはダブルRは丸目2灯!! 
と思うのですが、これはこれで精悍な感じでカッコいいし。

外観よりも、まず走る方を整備していきます。
冬場のお楽しみになるかな。


プロフィール

ケイジ

Author:ケイジ
北海道の足寄町で、個人経営の小さい中古バイク屋「TRASH GARAGE」を細々と経営しています。

中古バイク販売や、中古バイク部品の販売、中古バイクの買取など行っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-